1.第45回年次研究大会について


日本カナダ学会第45回年次研究大会は、現下の状況に鑑み、大学セミナーハウスを会場としつつ、オンラインでも全公式日程にご参加いただける併用方式で開催することに致しました。

また、今回は、特別公開セッションとして、在日カナダ大使館の全面協力を受け、“Human Mobility in the COVID-19 Era: Focusing on Education and Academic Cooperation” を開催いたします(12日13時50分~15時50分)。カナダへの学生留学送出しの可能性等、リアルタイムの情報に基づく情報共有と議論ができる機会と考えております。このセッションは、会員以外にも広く公開いたしますので、会員ご所属機関の国際交流担当者様などに広くお声をかけていただきたく、お願い申し上げます。


なお、大会案内及びプログラム・報告要旨の記載内容に次の誤記訂正と変更がございます(2020年9月6日付)。

(1) 第2日(9月13日)の受付開始は8時30分です。

(2) 基調報告のタイトルが次のように変更されました。
  "The Politics of Immigration and Multiculturalism in Canada"


訂正版の大会案内およびプログラム・報告要旨をご用意いたしましたので、再度のダウンロードをお願いいたします。

大会案内(訂正版)はこちら jacs45_200906revised

プログラム・報告要旨(訂正版)はこちら JACS45(2020)program_200906revised


出欠登録は終了いたしました。お問い合わせ等は、事務局(jacs@jacs.jp)までお願いします。


基調講演の資料はこちらからダウンロードお願いします。

Professor Keith Banting(Queen’s University) 
"The Politics of Immigration and Multiculturalism in Canada"

Banting. Japanese Association. 2020.pdf