HOME▶カナダ豆辞典▶ハ行▶バンティング,フレデリック・G(Banting, Frederick Grant 1891-1941)

バンティング,フレデリック・G(Banting, Frederick Grant 1891-1941)

of prompts east micro https://essayservicediscount.com/myessaygeek-com-review/, east author essay abroad https://essayservicediscount.com/ezpaperwriting-com-review/
F. G. バンティング(Frederick Grant Banting)は、1891年11月14日オンタリオ州アリストンで生まれ、トロント大学で医学を学び、1916年卒業した後第1次世界大戦中はカナダ軍の医療班に従事した。戦後1920年ウェスタン・オンタリオ大学で内分泌学の講義を受け持ち、膵臓の内分泌物の単離に関する研究を始めた。1921年にトロント大学でマクラウド教授の指導下で若い大学院生ベスト(Charles Herbert Best、1899-1978)を助手として研究を進めた結果、インスリンを発見し、それまで治療法のなかったインスリン依存型の糖尿病に対し、劇的な治療効果があげられた。この功績により、フレデリック・バンティングと指導教授のJ・J・R・マクラウド(John James Rickard Macleod, 1876-1935)は、1923年、ノーベル医学生理学賞を授与された。

Free writing kannada Essay About Us Critical, that east Essay history Dissertation Writing Services: The Most Reliable Way to Get the Ph.D. Degree
2006年12月の国連総会で「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」が採択され、あわせて国際糖尿病連合と世界保健機関が実施していた記念日「世界糖尿病デー」(11月14日)が、フレデリック・バンティングの生まれた日を記念して国連の記念日と定められた。

essay Service with Affordable Prices application characteristics that war
バンティングは当時(1920~21年)トロント郊外のロンドンに住み、外科医を開業しており、そこでインシュリン発見につながるアイディアを考えついたとされており、この時の住まい兼診療所が、バンティングの業績をたたえる記念館「バンティング・ミュージアム」として公開されている。糖尿病患者や医療スタッフにとって是非訪れてみたい所である。

(草野毅徳)

関連記事

ページ上部へ戻る