HOME▶カナダ豆辞典▶ハ行▶バンフ国立公園(Banff National Park)

バンフ国立公園(Banff National Park)

カナダのロッキー山脈の東の裾野を中心に南北240kmに広がる総面積6,640km2の国立公園。カナダの公立公園第1号で、年間300万人以上が訪れるカナダ屈指の観光地。カルガリーの西128kmにある人口約5,000人のバンフを中心に、レイク・ルイーズ、ボウバレー、カナナスキス等の観光地を含む。1885年にバンフに沸き出た温泉を公共の財産として管理するために4haの土地が国有地の指定を受けたことに始まり、1887年にロッキー山脈公園保護地区として拡大され、1930年に今日の形でバンフ国立公園の指定を受けた。岩肌の見える山岳地帯、氷河、U字谷、裾野に広がるマツ、エゾマツ、トウヒなどの森林地帯(タイガ)にその風景は象徴され、ムース、エルク、アメリカクロクマ、ハイイログマ、オオツノヒツジ、クーガー、オオカミを始め、数多くの動物が生息する。園内には、1,100kmのハイキングルートやキャンプ場が整備され、冬にはスキーを楽しむことができる。現在は、近隣の国立公園とともに、世界遺産に登録されている。

(広瀬孝文)

関連記事

フォトギャラリー

ロイヤルオンタリオ博物館

ロイヤルオンタリオ博物館

ピックアップ

2016.1.18

【重要】個人別認証エリアの開設について

2016年1月18日、既にお知らせのとおり、会員向けに個人別認証エリアを開設致しました。このウェブサイトの右上部「ログイン」からご利用…

ページ上部へ戻る