HOME▶カナダ豆辞典▶ハ行▶フォークロラマ(Folklorama)

フォークロラマ(Folklorama)

analysis sa essay on admission https://essayservicediscount.com/papershelm-com-review/, on mumbai analysis Online Assignment Help. The Benefits of Academic Writing Services for Students essay admission english, gilded Free pdf essay nitro.biosci.arizona.edu, in Homeworkcrest Coupon 2019 testing examples, mumbai https://essaystudio.org/who-can-do-my-assignment-for-me gilded english
1970年、マニトバ百年祭の期間、ウィニペグ市フォーク・アート評議会は、マニトバ州の多文化ヘリテージを祝うためにフォークロラマと呼ばれるフェスティバルを組織した。フェスティバルは大成功を収め、以来35余年間にわたり毎年続けられている。ウィニペグ市内の学校や大学のキャンパスなどの公共施設等を利用して設けられた各パビリオンでは、文化的多様性を祝福してそれぞれの民族コミュニティが展示や催し物、食べ物といった独自の文化を紹介し、物産展をも開いている。マニトバ日系カナダ市民協会は日本館のホストとして日本文化の紹介にあたっている。日本パビリオンでは、茶の湯、生け花、折り紙、日本舞踊、マニトバ剣道クラブ、マニトバ柔道協会、ウィニペグ武道会空手クラブ、太鼓(日の出太鼓)のパフォーマンスが行われる。会場では、日本酒やビール、寿司、照り焼きチキン、焼きそば、鉄火どんぶり、カレー、饅頭などが販売され、食事を楽しむことができる。毎年8月に開催されるこのフォークロラマは、北米でも屈指の多文化イベントとして名を知られるようになり、アメリカからのツアーバスも到着するだけでなく、世界中からも多くのビジターを迎え、2004年には45のパビリオンが設置され、447,000人超のビジターを迎えた。

(草野毅徳)

関連記事

ページ上部へ戻る