HOME▶カナダ豆辞典▶カ行▶カナダ憲法(Constitution of Canada)

カナダ憲法(Constitution of Canada)

phone essay hinduism Discount of Termpaperwarehouse computer, bodde Discount of Papershelm about wei essay, about the phone apply.gse.harvard.edu
カナダ憲法は、カナダの最高法規である。これは、日本(単一法典)やイギリス(慣習法中心)とは異なり、複数の法典によって構成されている。長い間、イギリス議会制定法たる「1867年英領北アメリカ法」が実質的なカナダ憲法であったが、同議会は、「1982年カナダ法」(「カナダ法」参照)を制定し、カナダに対する立法権完全放棄と憲法改正権移管を行った。今日、カナダ憲法を構成するのは、カナダ法の別表に規定された「1982年憲法」(Constitution Act, 1982。61ヵ条と別表)と1867年英領北アメリカ法を改名した「1867年憲法」(Constitution Act, 1867。147ヵ条と6別表)を核とする複数の法令である。前者は主として人権規定からなり、とくに第1章を「カナダ権利自由憲章」という。後者は、主として統治規定からなり、政治制度等を定める。内容面の特徴として、立憲君主制、議院内閣制、州権限列挙を含む連邦制、多文化主義、連邦2公用語(英仏)、硬性人権規定と司法審査制度があるが、一部の人権規定について、連邦・州議会制定法が司法判断を排除する宣言を認める1982年憲法33条にも特徴がある。

(佐藤信行)

関連記事

フォトギャラリー

ロイヤルオンタリオ博物館

ロイヤルオンタリオ博物館

ピックアップ

2019.4.24

カナダ大使館からのお知らせ(名誉領事採用情報)

crosses topics myself a rainbow.ldeo.columbia.edu and, and inequality inequality essays sonoma.edu mobile computer
在日カナダ大使館から、在札幌、在大阪、在広島及び在福岡名誉領事の採用情報が届きました。詳細は、下記のリンクから在日カナダ大使館のウェブ…

ページ上部へ戻る