HOME▶カナダ豆辞典▶カ行▶カナダ・デー(Canada Day)

カナダ・デー(Canada Day)

1868年7月1日、ケベック、オンタリオ、ノヴァ・スコシア、ニュー・ブランズウィックの4州から成るカナダ自治領の成立を記念した国の祭日。いわば建国記念日のカナダ・デーが、合衆国の独立、記念日とは異なり、自治領成立を定めたイギリスの法規、英領北アメリカ法の発効の日であることが、革命がなく、争いを回避してきたといわれるカナダの性格の一端を表すものといえよう。かつてはドミニオン・デー、コンフェデレーション・デーなどといわれたが、1982年に現在の名称になった。この日は国中でこれを記念する行事が行われる。最近では、カナダが多民族で構成された国であることを強調するような催しもある。

(木野淳子)

関連記事

ページ上部へ戻る