HOME▶カナダ豆辞典▶カ行▶カナダ保健法(Canada Health Act)

カナダ保健法(Canada Health Act)

1984年施行。公的に財源調達された医療保険に適用される連邦法。同法の目的は、受診・入院時にすべての適格なカナダ住民に対して、医学的に必要な医療サービスを患者負担なしで得られることを保障することにある。同法は、州・準州政府が、連邦政府から連邦補助金(2011年現在、「カナダ保健移転(Canada Health Transfer)」の名称のもとに実施)を得るために、満たさなければならない5基準(criteria)と2条件を定めている。5基準とは、住民すべてに普遍的適用、包括的な医療サービス提供、受診が容易であること、州外でも利用できる携帯性、および公的管理であり、「メディケア5原則」とも呼ばれる。この法律が、診療・入院での医学的に必要な医療サービスに対して患者負担を禁じる、いわゆる無料医療の根拠になっている。

(岩﨑利彦)

関連記事

ページ上部へ戻る