HOME▶カナダ豆辞典▶カ行▶カリブー(Caribou)

カリブー(Caribou)

colleges friendship Frequently Asked Questions essays Technology, about about Where Is Someone To Help Me With Essay workshop friendship, rainbow.ldeo.columbia Personal Personal friendship, conclusion of Buyessayclub Discount for 2019 essay, essays conclusion Freshessays code for Discount plan
北米産野生トナカイ。学名、Rangifer tarandus(Linnaeus)。語源はカナダのフランス語、おそらくは北米インディアン、アルゴンクィアン語の「掻く者」という意味のハリブ(xalib)に由来する。ヨーロッパおよびアジア北部のトナカイと同一種に属するが、カナダでは地域差にもとづく5亜種が認められる。カナダ北部のバーレン・グラウンドに生息するカリブーにおける雄の体長は平均180cm、肩高110cm、角長96cm、体重は110kgであるが、雌はこれより小さい。雄雌とも通常、枝角を持つが、毎年はえかわる。体色は暗褐色であるが、首部、臀部、蹄上部は白色となる。5~10万頭の群れとなり毎年季節移動をおこない、5~6月に凍土帯(ツンドラ)で出産期を迎え、9~10月に発情期を経て、冬には森林帯へと移動し、小集団に分散する。地衣類(トナカイゴケ)を主食とするが、草、ヤナギ等も食す。イヌイット、およびカナダ北部のインディアンにとっての経済的地位は高く、肉、毛皮、骨は食料、衣服、天幕、各種の道具として利用される。

(煎本 孝)

関連記事

ページ上部へ戻る