HOME▶カナダ豆辞典▶カ行▶国会(Parliament)

国会(Parliament)

カナダの国会は、国王、上院、下院から構成されている(1867年憲法第17条)。立憲君主制でイギリス国王を元首とするカナダでは、全ての法律は国王の名の下に公布される。カナダでは総督が国王の代理を務めている。総督の任期は5年で、連邦首相の助言に基づき国王が任命する。

理論上、行政権は国王(総督)にあるが、実際には首相の率いる内閣が下院の信任を得ながら行使している。首相と閣僚には、原則として下院第一党の党首と議員が就任する。このように、国会内に行政権と立法権が共存するのは、議院内閣制の特徴の一つである。

上院は105名の議員から構成されている。上院議員は首相の助言に基づいて総督によって任命される。以前は終身制だったが、現在は75歳定年制である。上院には連邦各地域を代表するだけでなく、脱党派的な視点で法案を審議するという機能も求められている。任命制のため民主的正統性を欠くとの批判も多く、上院改革はカナダ政治の焦点の一つである。

下院は308名の議員から構成されている。選挙(小選挙区制)によって選ばれ、任期は5年。選挙区の区割り・議員数は、国勢調査に基づき10年ごとに調整される。法案は、本会議、委員会での審議を通じて可決される。歳出や徴税に関する法案は、まず下院に提出されなければならない。

(古地順一郎)

関連記事

フォトギャラリー

ロイヤルオンタリオ博物館

ロイヤルオンタリオ博物館

ピックアップ

2018.11.19

カナダ研究年報執筆要項

カナダ研究年報の投稿に際しては、執筆要項に従って原稿を作成し、期限までに編集委員長宛に郵送で提出してください。 カナダ…

ページ上部へ戻る