HOME▶カナダ豆辞典▶カ行▶ゴドブー,ジャック(Godbout, Jacques 1933- )

ゴドブー,ジャック(Godbout, Jacques 1933- )

ケベックを代表する知識人。代表作は『やぁ、ガラルノー』(Salut Galarneau!, 1967)。この小説でカナダ総督賞に輝き、他にも多くの受賞がある。ジャーナリストとしても活躍し、ボレアル出版社などの出版事業にも携わっている。また、国立映画庁(NFB, ONF)で、歴史を問い直すドキュメント『アメリカの運命』(1996)など、いくつもの映画を監督している。「静かな革命」期には脱宗教化やその他の社会運動に積極的に関与して発言し、それらはのちにエッセイ集『商品のつぶやき』(1984)などにまとめられて出版されている。環境運動に実際に加わった経験をもとに、『竜の島』(1976)では放射性廃棄物の問題を扱っている。1977年に創設されたケベック作家協会の初代会長でもある。

(小畑精和)

関連記事

フォトギャラリー

ロイヤルオンタリオ博物館

ロイヤルオンタリオ博物館

ピックアップ

2018.7.9

2018年度年次研究大会(第43回大会)の開催(9月15・16日)について

日本カナダ学会第43回年次研究大会は、2018年9月15日(土)及び16日(日)の両日、神戸国際大学(神戸市東灘区六甲アイランド内)に…

ページ上部へ戻る