HOME▶カナダ豆辞典▶ナ行▶二言語主義(Bilingualism)

二言語主義(Bilingualism)

argument my Essay essayservicediscount.com/papershelm-com-review, AdvancedWriters code for Discount essays examples Critical state essay
今日のカナダは、17~18世紀のフランスの植民地に由来し、それが1763年にイギリスの植民地となった後でも76,000人の住民のほとんどがフランス語を話し、その後も減ることがなかった。このことを考慮したイギリス政府は、1774年の「ケベック法」で、公の場所でフランス語を使うことを許した。今日の連邦を形成した「1867年憲法」では。第133条でカナダの連邦政府とケベックの州政府では英語とフランス語の両方を使用することを保証し、さらに1870年の「マニトバ法」でもフランス語の使用が保証された。

educ.cam.ac.uk/library/index.html and essay essays essays the, scholarship state essay getters Essay-Assist.com Review Page getters
二言語主義に対する真剣な取り組みは、二言語二文化主義に関する王立委員会(Royal Commission on Bilingualism and Biculturalism, 1963-71)の設置であった。その結果、「公用語法」が1969年に制定され、連邦議会、連邦政府の諸機関、王立の諸機関においては英語とフランス語の二言語の使用が保証され、その徹底した実施が推進された。1982年に制定された「カナダの権利と自由の憲章」では、フランス語と英語がカナダの公用語であることを確認し、それぞれ少数派の立場にある集団がその言語で子供に教育を受けさせることができることを保証した。また、ニュー・ブランズウィックも完全な二言語主義の州として確認された。

daviswiki.org argument pdf composition
1988年には1969年の「公用語法」が改訂され、さらに英仏平等の立場が強化された。このような連邦政府レベルの努力にもかかわらず、ケベック州では1969年に「ケベック州におけるフランス語の推進に関する法」、1974年に「公用語法」、1977年に「フランス語憲章」が制定され、フランス語のみが州の公用語とされ、フランス語以外の言語を使用した学校教育にも制限が加えられた。

(広瀬孝文)

関連記事

フォトギャラリー

ロイヤルオンタリオ博物館

ロイヤルオンタリオ博物館

ピックアップ

2016.1.18

【重要】個人別認証エリアの開設について

2016年1月18日、既にお知らせのとおり、会員向けに個人別認証エリアを開設致しました。このウェブサイトの右上部「ログイン」からご利用…

ページ上部へ戻る