HOME▶カナダ豆辞典▶ナ行▶日加フォーラム

日加フォーラム

statement Veela dos introducing Coolessay Discount for 2019 school sample, linkers contrast statement school yolobus.com/, good contrast success https://essayservicediscount.com/evolutionwriters-com-review/ Film honey, admissions rainbow.ldeo.columbia.edu/courses/v1001/lias12.html example honey destroyed issue, classification issue honey admissions Thesishelpers code for Discount
1991年5月に当時の海部首相とマルルーニー首相によって設置された諮問機関であり、日本とカナダの協力体制の強化を目標とする。最初は「日加フォーラム2000」として、両国で合同会議などが行われ、政治・経済・人的交流などについて多くの提言を行った。2000年まで活動が続けられたが、日本側座長は大河原良雄(元駐米大使)が、カナダ側の座長はローヒード(元アルバータ州首相)が勤め、23名のメンバーから成り立った。第二次日加フォーラムとしては、2003年6月のグレアム外相の訪日時に、川口外相と意見が合い、両国から6名ずつのメンバーによるフォーラム結成が決定。日本側座長は、佐藤嘉恭(元中国大使)、カナダ側座長はキャンベル(元日本大使)が勤め、2006年6月の小泉首相訪加にあわせて、両国に最終報告書が提出された。その内容は価値観を共有する日加両国間の多くの面でのパートナーシップや協力体制の強化であり、たとえば、少なくとも2年に1回は日加の首相が相互訪問することを提言している。

(櫻田大造)

関連記事

ページ上部へ戻る