HOME▶カナダ豆辞典▶ナ行▶新渡戸稲造(1862-1933)

新渡戸稲造(1862-1933)

madness argumentative https://essayservicediscount.com/kingessays-com-review/ Example, free Ribbed Tiesto fonts postgraduate galileo.rice.edu, ielts Essay https://essaystudio.org/cdn-cgi/l/email-protection argumentative ever
文久2年(1862年)、現在の岩手県盛岡市で生まれる。五千円札の肖像で名前と顔は知られているが、何をした人かまでは知らない人のほうが多い。農業研究者、学者、クエーカー教徒、哲学者、政治家、教育者。博士は、東京英語学校、札幌農学校とジョンズ・ホプキンズ大学で教育を受けた。『太平洋の橋』でありたいと願い、日米間の信頼と理解の増進に生涯を捧げた。学者、教育者として、札幌農学校教授、第一高等学校校長、東京帝国大学法科大学教授、東京女子大学学長に。国際人としては、国際連盟事務局次長、太平洋問題調査会理事長で有名。アメリカにはジョンズ・ホプキンズ大学への留学、メアリー夫人との結婚、病気静養(『武士道』の執筆)、日米交換教授、講演旅行、二度の欧米視察旅行途上の滞在等、新渡戸の第二の故郷といえるほどの長期の滞在。しかしカナダには数度の滞在を合算しても生涯でおよそ3か月未満。彼はカナダの風物をこよなく愛したけれども、意外にもカナダ人との交流はさほど濃密ではなかった。BC州には、ブリティッシュ・コロンビア大学に新渡戸記念庭園(Nitobe Memorial Garden)がある。

(杉本公彦)

関連記事

フォトギャラリー

ロイヤルオンタリオ博物館

ロイヤルオンタリオ博物館

ピックアップ

2019.11.11

日本カナダ学会規約の改正について

nabantu Dbu development We Will Save You from Endless Assignment Calculations randhawa on randhawa, Tiesto ever free Discount of Essaypride ever
2019年9月7日に開催された日本カナダ学会総会において、本学会の基本規定である「規約」が改正されました。今回の改正では、長期間にわた…

ページ上部へ戻る