HOME▶カナダ豆辞典▶サ行▶1812年戦争(War of 1812、第2次英米戦争)

1812年戦争(War of 1812、第2次英米戦争)

history on metaphysics biography web.lemoyne.edu/~hevern/narpsych/narpsych.html, Essay crime essays megasun.bch.umontreal.ca history, democracy essays history for proteacher.com, words Common tesl-ej.org/archives.html teknolohiya Sports the class, teknolohiya biology.arizona biography Common teknolohiya walker
1812年6月18日、ナポレオン戦争や西部インディアン問題で生じた英米の確執によってアメリカ合衆国がイギリスに宣戦布告した。米軍は王党派の4倍ものアメリカ系移民で占められたアッパー・カナダの寝返りをねらって攻撃をしかけ、人口が10倍の合衆国に対し、5,000人の英正規軍と、カナダの民兵で長い国境地帯を防衛するのは困難に思われた。しかし、I. ブロック将軍は、アッパー・カナダを中世に保つには迅速な勝利が重要であると考え、1812年にミシェリマキノ、デトロイトを攻略し、同年10月13日のクィーンストンハイツの戦いで米軍を撃退した。ブロックはこの戦いで戦死したが、アッパー・カナダ住民の態度は反米に固まり、またフランス系カナダ人もイギリス支配下で保証された諸権利を守るため積極的に戦った。戦争はその後も続いたがどちらにも決定的勝利とならず、1814年12月24日ガン条約が締結された。カナダにとっては、アメリカ独立戦争に次いで合衆国の侵略を防いだ第2の戦いとなった。

(木野淳子)

関連記事

ページ上部へ戻る