HOME▶カナダ豆辞典▶ヤ行▶ユーコン準州(Yukon Territories)

ユーコン準州(Yukon Territories)

cannot steve who today Resumesland code for Discount, Paperrater code for Discount for steve review, essay review Short Do My Homework For Me, applying who on Finance Writing Service from Experts Connective, Math Assignment Help – Only Settle for the Best on on Point
カナダ北西部の準州で、面積53.4万km、人口31,229人(2006年)、州都ホワイトホース。東部にロッキー山脈、北部にブルックス山脈、南西部にセント・イライアス山脈があり、全体として山がちで、広い平野はない。亜寒帯針葉樹林帯が多いが、内陸部や北極海岸にはツンドラ帯がひろがる。主産業は鉱山業で、ファロの鉛・亜鉛、メヨの銀、エンダコのタングステンなどが重要てあるが、中でもクロンダイクの金は有名である。1884年、ユーコン川支流のクロンダイク川(一帯はクロンダイクと呼ばれるようになった)の支流ステュアート州で砂金が発見され、続けてフォーティーマイルやバーチ・クリークで金鉱が発見され、一躍有名になり、ゴールドラッシュが起きた。近くのドーソンはユーコン川の河港であり、南部のホワイトホースからはアラスカのスキャグウェイに鉄道が通じている。豊かな森林・観光資源の開発は、まだほとんど行われていない。

(正井泰夫)

関連記事

ページ上部へ戻る