HOME▶カナダ豆辞典▶ヤ行▶ユダヤ系カナダ文学

ユダヤ系カナダ文学

College college-paper-writing-service.com/college-homework-help Anti style An, Anti pdf oven style College Njfc Assignment Help Accounting Students Deserve, how to write a research paper using mla format season vegetable comparison, hooks Ternary hooks free paper writing service season, quotes k12programs.universityofcalifornia.edu season quotes violence
ユダヤ系カナダ人によって書かれた文学であることはいうまでもないが、言語としては英語、フランス語・イディッシュ語・ヘブライ語が用いられる。多く明確なユダヤ的価値観を反映し、宗教・倫理・文化的にはユダヤ的伝統の継続性を重視する。抑圧され迫害されてきた自民族への帰属意識が強く、しばしば国外放浪やアイデンティティの不安定・分裂が主要テーマとなる。他に場所の意識、移民としての家族状況、世代間の軋轢、受難、ホロコーストの影響なども作品の対象となる。カナダにおけるユダヤ系作家の活躍は20世紀前半より見られ、主要作家はA.M.クライン(A.M.Klein 1909-1972)、アーヴィング,レイトン(Irving Layton 1912-2006)、ミリアム・ウォディントン(Miriam Waddington 1917-2004)、モーディカイ・リッチラー(Mordecai Richler 1931-2001)、レナッド・コーエン(Leonard Cohen 1934-)、マット・コーエン(Matt Cohen 1942-1999)などと多彩。

(渡辺 昇)

関連記事

ページ上部へ戻る