HOME▶イベント▶終了したJACS関係のイベント▶第4回Pacific Asia Network of Canadian Studies (PANCS)における報告者の公募

第4回Pacific Asia Network of Canadian Studies (PANCS)における報告者の公募

第4回Pacific Asia Network of Canadian Studies (PANCS)における報告者の公募

日本カナダ学会(The Japanese Association for Canadian Studies, JACS)の年次研究大会に際して、PANCSは院生セミナーを開催します。それにともない、本学会は下記の要領で参加者を公募いたします。

記 
公募要項
開催期日: 2009年9月11日(金)~12日(土)
*ただし、JACS年次大会は9月12日(土)~13日(日)。

開催場所: 国立民族博物館(大阪)
応募資格: 日本カナダ学会会員で、次のいずれかに該当する者。
a.大学院に籍を置く者 b.博士論文提出中の者 c.博士学位取得後1~2程度の者

募集人数: 2~3名
テーマ: カナダ研究に関するテーマなら特に分野を問わないが、アジア・太平洋地域とカナダと関連のある分野が望ましい。
応募書類・応募方法:
研究業績を記載した履歴(日本語)    *形式は自由
報告要旨(英語)   *字数は200~300語程度
メールにて必要書類を添付ファイルとし、日本カナダ学会事務局(PANCS係)まで送付。
送付先jacsmeiji@jacs.jp   締切: 7月9日(木)16:00必着
選考方法: 応募書類をもとに、応募分野により非理事の意見も参考にし、役員会にて審査・決定。
発表: 7月第4週までに事務局から応募者へメールにて連絡

院生セミナーの概要
セミナー: 使用言語は英語。時間は約30分(予定)。パワーポイント等の使用可。
旅費の補助: (交通費・宿泊費等)
交通費: JACSのトラベルグラント(合計5万円)制度から、今回のみの特例として国内費用を部分補助する。参加決定者はこの制度を利用することができる。(*交渉中)
宿泊費: 2泊3日分はPANCSが負担
国内での問い合わせ先: 下村雄紀(y.shimomura@kobe-kiu.ac.jp)

参考
PANCSについて
<趣旨>

アジア・太平洋地域におけるカナダ研究会(および研究者)間の連携・協力・研究の振興/同地域でのカナダ研究にかかわる若手研究者大学院生の育成。

<目的>

アジア・太平洋地域における各学会代表者による会議の定例化。
共同事業(各研究大会への招聘、講演会等)の実施。
大学院学生を対象とした研究セミナーの実施。
その他、カナダ研究に関する協力の推進。
<メンバー>

オーストラリア・ニュージーランド(ACSANZ)、韓国(KACS)、中国 (ACSC)、台湾(ACST)、インド(IACS-India)、イスラエル(IACS-Israel)、日本 (JACS)の各カナダ学会で構成。現在、議長国はIACS-India.

<Website> http://www.acsanz.org.au/pancs/

<事務局>Attn: Dr. R.K.Dhawan, c/o 

本学会のPANCSへのかかわり
第1回会議(香港/2007年4月)には竹中豊ICCS担当理事(カリタス女子短大)、院生セミナーには時田朋子会員(東京外国語大学院)が出席。

第2回会議(ニューデリー/2007年11月)には下村雄紀担当理事(神戸国際大学)、院生セミナーには友武栄里子会員(大東文化大学院)が出席。

第3回会議(ブリスベン/2008年7月)には下村雄紀担当理事(神戸国際大学)、院生セミナーには宇都宮会員(関西大学院)が出席照。

関連記事

フォトギャラリー

ロイヤルオンタリオ博物館

ロイヤルオンタリオ博物館

ピックアップ

2017.6.26

中部地区研究会の予告(2017年8月5日)

日本カナダ学会会員各位 中部地区研究会からのお知らせです。長らく休会していました中部地区研究会が本年2月25日に再開さ…

ページ上部へ戻る