HOME▶お知らせ▶バンクーバー朝日を語る会

バンクーバー朝日を語る会

「バンクーバー朝日の会」主催イベントのお知らせです。

戦前のカナダにあった日系人の野球ティーム「バンクーバー朝日」は、人種差別の風潮の中で、大柄な白人ティームを相手に健闘しました。持ち味はスピードであり、攻めては盗塁やバントなど俊敏さを生かし、守ってはダブルプレーで観客を沸かせ、しかもフェアプレーに徹したことが好評を博しました。

排斥や差別の時代に、朝日のプレーぶりは日系人の誇りでした。しかし真珠湾攻撃は、日系人社会を根底から破壊し、朝日も、二度と同じユニフォームでプレーすることはありませんでした。日系人の思い出の中で語り継がれてきた朝日伝説は、21世紀によみがえりました。カナダ野球殿堂、BC州スポーツ殿堂入りしたのです。

再び昇った朝日の歴史は、日系カナダ人の苦難の歴史でもあります。誕生から間もなく100年という朝日。日本在住で朝日にゆかりある人々にお集まりいただき、当時の人気ぶりやプレーの思い出、また社会事情などを語り合って頂きたいと思います。

日時:2011年3月7日(月)
13:30 受付開始
講演及びDVD視聴 (『スリーピング・タイガー』他)
16:00 交流会
16:30 終了予定

場所: カナダ大使館(地下鉄 青山1丁目下車)

参加ご希望の方は、地区ニューズレター掲載の連絡先にご連絡頂くか、日本カナダ学会事務局までお知らせください。

主催:バンクーバー朝日の会(代表:後藤紀夫)
協力:日本移民学会、日本カナダ学会、カナダ大使館広報部

関連記事

ページ上部へ戻る