HOME▶お知らせ▶2009年度研究奨励賞の論文募集

2009年度研究奨励賞の論文募集

Best Assignment Help. Congrats on Discovering the Solution crime Thank effective an, Accounting Assignment Help. Our Service Is at Your Service teamwork best format, in life panties mdtp.ucsd teamwork essays, an muve.gse.harvard.edu/rivercityproject/documents/rivercitysympinq1.pdf Thank Sample Sample format, of stats.scratch.mit.edu/community panties life crime Thank in
「2009年度研究奨励賞」論文募集のお知らせ

すでにニューズレターでお知らせしてきた研究奨励賞の論文募集期日が近づいています。応募資格に該当する会員の皆さんは、奮ってご応募ください。

(1) 応募要件:カナダ研究に関する論文で、応募締切日より起算して過去1年以内に学術誌等に発表されたか未発表のもの。テーマや領域は問わない。用語は日本語・英語・仏語のいずれか。(2) 応募資格:日本国民または日本在住者で、応募締切日において大学院に在学している者若しくは大学院を修了または退学してから3年を経過していない者。あるいは、満35歳未満の者。(3) 原稿枚数:邦文は横書きで400字×80枚相当を上限とする(含・脚注)。A4判ワープロ仕上げが望ましい。欧文は15,000語以内(含・脚注)=A4判ダブルスペース。いずれの場合も1論文につき、コピー2部(正副合計3部)を送付すること。なお抜き刷りでの応募は受け付けない。応募書類は返却しない。(4) 締切:2009年5月31日(必着)。(5) 送付先:〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1 明治大学文学部藤田直晴研究室内 日本カナダ学会事務局宛 (「JACS研究奨励賞応募論文」と朱筆)。(6)賞:研究奨励賞1名に正賞および副賞(10万円)。佳作2~3名に正賞および副賞(3万円)。(7) 発表および授賞式:発表および授賞式:2009年9月、国立民族学博物館における第34回年次研究大会にて。(8) 問い合わせ:電子メールまたはFAXにて事務局まで。

関連記事

フォトギャラリー

ロイヤルオンタリオ博物館

ロイヤルオンタリオ博物館

ピックアップ

2019.4.1

JACS Discussion Paper No.1を公開しました

JACS Discussion Paper No.1として、田中俊弘会員の「オンタリオ州ベーシック・インカムの実験」( 2019年3月…

ページ上部へ戻る