HOME▶研究大会▶第35回年次研究大会▶第35回年次研究大会詳細日程

第35回年次研究大会詳細日程

前日 9月17日(金)

18:00-19:30
プレセッション 「東部カナダの芸術文化政策に触れて」
青山学院大学総合文化政策学部学生たちによる発表と映像上映
青山学院大学(このプレセッションのみ:総研ビル9階第16会議室)

 

第1日 9月18日(土)

9:00 –
受付(総研ビル11階ホワイエにて)

9:35 – 9:40
開会の辞
杉本 公彦(日本カナダ学会会長/大阪学院大学)

9:40 – 11:10
セッションI 「自由論題」
司会者:溝上 智恵子(筑波大学)

(a)「収容所における学校教育」
小川 洋(聖学院大学)

(b)「コロンビアインターナショナルスクールの教育と数学の授業について-オンタリオカリキュラムを探る日本のインターナショナルスクール-」
松本 文夫(前橋市立前橋高等学校)

(c)「第二外国語教育としての日本語:BCにおける学校教育の一考察」
黒沢 純子(ヴィクトリア大学・院)・高橋 本惠(文京学院大学)

11:10 – 13:20
昼食/役員会(総研ビル10階第18会議室)

13:20 – 14:20
基調講演 「変革のためのヴィジョンとしての文化参画」
シモン・ブロー
カナダ国立演劇学校最高経営責任者
クュルチュール・モンレアル理事長
カナダ・カウンシル副議長
紹介:岡 眞理子(青山学院大学)

14:30 – 16:30
セッションII 「食糧・資源・環境」
司会者:松原 豊彦(立命館大学)

(d)「20世紀初頭の捕鯨業と日本人移民-バンクーバー島とクイーン・シャーロット諸島を中心に-」
河原 典史(立命館大学)

(e)「カナダ東部のタラ漁-過剰操業に至る経過と、その後-」
友武 英理子(関西学院大学)

(f)「カナダの森林政策の持続可能性への挑戦」
高橋 卓也(滋賀県立大学)

16:30 – 17:20
総会

17:30 – 19:30
レセプション(会場:こどもの城8階パーティルーム)

 

第2日 9月19日(日)

9:40 –
受付(総研ビル11階ホワイエにて)

9:00 – 10:30
セッションIII 「若手セッション」
司会者:石川 涼子(お茶の水女子大学)

(g)「1982年憲法27条〔多文化主義条項〕の意義と可能性-憲法学からみたカナダ型多文化主義」
菊池 洋(成城大学)

(h)「ロイヤル・コミッションによる政策革新-政治参加・デモクラシー・制度変容」
岡田 健太郎

(i)「20世紀初頭におけるカナダ製造業利害と保護主義-メイド・イン・カナダ運動を中心に」
福士 純(明治大学・院)

10:40 – 12:30
セッションIV 「カナダ経済の歴史的特質と新局面」
司会者:中本 悟(大阪市立大学)
討論者:池内 光久(多摩大学)藤田 直晴(明治大学)

(j)「カナダ金融経済の形成と展開-その現代的意義を見据えて-」
河村 一(釧路公立大学)

(k)「日本製アニメに対するカナダの若者ファンの対応と国際的な著作権政策とその実際」
ティム・ライフェンスタイン(マウント・アリソン大学)

12:40 – 13:50
昼食/企画委員会(総研ビル10階 第18会議室)

13:50 – 16:30
公開シンポジウム
「現代カナダの文化政策と変容する多文化社会」

責任者・司会者:岡 眞理子
討論者:シモン・ブロー
カナダ国立演劇学校最高経営責任者
クュルチュール・モンレアル理事長
カナダ・カウンシル副議長
討論者:竹中 豊(カリタス女子短期大学)

(l)「カナダのバイリンガル文化と公用語政策-変容する多文化社会のなかで-」
矢頭 典枝(神田外語大学)

(m)「多様性が生みだすダイナミズム-カナダ・ケベック州の文化政策に学ぶ」
曽田 修司(跡見学園女子大学)

(n)「サウンドスケープ概念に基づく実験的アートイベントによる地域活性化-〈Scape Works 百軒店2009〉を事例として-」
鳥越 けい子(青山学院大学)

16:30
閉会の辞
岩崎 利彦(日本カナダ学会副会長/皇學館大学)

関連記事

フォトギャラリー

ロイヤルオンタリオ博物館

ロイヤルオンタリオ博物館

ピックアップ

2015.12.25

個人別認証エリアの開設について

情報化委員会及び本部事務局では、会員サービスの向上を目的として、このウェブサイトに個人別認証エリアを開設いたします。このエリア内では、…

ページ上部へ戻る