HOME▶研究大会▶第37回年次研究大会 2012年度▶第37回年次研究大会Call for Papers

第37回年次研究大会Call for Papers

Dulce of cake Essaycamp code for Discount, of on questions in on Essaypro Coupon 2019, identity essays glasses Essays Help4assignment.co.uk Discount code on
日本カナダ学会 会員各位

2012年度第37回日本カナダ学会年次研究大会企画案・報告公募について

大会企画委員会   
委員長 水戸考道 

 2012年度第37回年次研究大会の企画案は、下記の通りとなりました。つきましては、会員の皆様から報告希望を募りたいと存じます。報告を希望される方は、2012年1月28日(土)までに、企画委員長までお知らせ下さい。
 本学会では報告機会の均等化を図るため「3年ルール」を適用させて頂いておりますので、2010年および2011年の年次大会で報告された方は、報告をご遠慮下さいますようお願いいたします。ただし、シンポジウム、ならびに学際研究ユニットでの報告は「3年ルール」の対象とはなりません。来年度のシンポジウムのテーマは『日加を比較する』です。
 基調講演ではカナダと日本の医療制度と政策の比較を検討しております。このほかセッションのII, IIIおよびIVでは皆様のご専門とご興味に会わせて社会、文化、政治、外交、経済、教育、法律、ジェンダー、文学あるいは様々な制度や政策などなどに関してご報告していただける方を6名ほど募ります。様々な分野と角度からカナダ研究から日本は何を学ぶことが出来るか、またカナダは日本研究から何を学ぶことが出来るかというような視点を入れたご報告を歓迎致します。これは上記の3年ルールに当てはまりませんのでぜひ多くの会員の積極的な発表をお待ち申し上げます。
 またこの他自由論題として9報告のご応募を期待致します。今回は特にテーマを前もって特定せず、皆様の応募状況に応じてそのセッションにふさわしいコーディネーターを後にお願いする予定です。お願いされた方はご高配のほどよろしくお願い申し上げます。
 最後になりますが、上記は応募状況に応じてシンポジウムと自由論題の報告数に調整・変化があり得ます。あらかじめご了承願います。それでは多くの会員の皆様の積極的な応募をお待ち申し上げます。



年次大会期日/会場/実行委員会

期日: 2012年9月12日(水)・13日(木)<予定>
※開催日は会場校の都合上,2012年3月まで確定できません。万一変更が生じる場合はすぐにご連絡いたします。

会場: 関西大学千里山キャンパス(大阪府吹田市)

大会実行委員会:委員長 加勢田博(関西大学)

年次大会セッション/シンポジウム 【 】はコーディネーター TBA=未定

セッションⅠ:(若手を中心とする自由論題)     【田中俊弘 麗澤大学】】

セッションⅡ(国際シンポ特別報告2名): 【TBA】

セッションⅢ(国際シンポ特別報告2名): 【TBA】

セッションⅣ(国際シンポ特別報告2名): 【TBA】

セッションV(自由論題3名):     【TBA】

セッションVI(自由論題3名):     【TBA】

シンポジウム:『日加を比較する』 【TBA】

 
報告申込書送付先
〒662-8501 西宮市上が原1番町1-155 関西学院大学法学部 水戸考道研究室気付

第37回日本カナダ学会年次研究大会 大会企画委員会 宛
FAX: 0798-54-7376 E-mail: jacs37kansai@gmail.com

提出期限 2012年1月28日(土)

書式 別添の報告申込書に必要事項をご記入の上、上記の宛先までファクスあるいはE-mailにてお送り下さい(すべての項目について記載があれば、独自様式で作成いただいても構いません)。

(お願い)報告公募に際しては、次の点にご留意下さい。

*報告者の条件について
・大会報告については、原則として、日本カナダ学会(以下、本学会)会員であること。
・非会員の場合は、大会報告時までに入会手続きを完了すること。
・シンポジウムのパネリストについては、非会員でも報告が可能。

*大会参加にあたっての費用について
・本学会会員については、当日の大会参加費は不要。
・非会員が大会報告をする場合、大会参加にかかわる費用を負担してもらう場合がある。
・シンポジウムでのパネリストが非会員の場合、企画委員会が特に必要と判断した際は大会報告にかかわる費用を本学会もしくは大会実行委員会で負担する。
・本学会から、いずれの報告に対しても、謝金の支払いはしない。

*その他
・全報告は、1件20分以内におさめて下さい(そのあとに質疑応答が続きます)。

*今後の日程について
・2011年12月初旬: 2012年度年次研究大会 報告公募開始
・2012年1月28日: 報告公募締切
・2012年2月: 報告公募選考結果報告(担当:企画委員長)
・2012年2月~3月: 自由論題、課題セッションの報告者の確定(担当:企画委員会)
・2012年4月~5月: 大会プログラム・報告要旨集への原稿提出(5月末 締切厳守)
・2012年6月: 大会プログラム・報告要旨集の編集・印刷(担当:企画委員会)
・2012年7月初旬: 大会プログラム・報告要旨集の発送(担当:学会事務局)
・2012年8月末頃: 報告でのワードリスト・発表用資料などの提出(締切厳守)
・2012年9月大会当日: 報告者と同時通訳者との打ち合わせ

※各々の依頼については、追ってご連絡いたします。
※同時通訳に関する事項は変更の場合がありますので、ご了承下さい。以 上


2012年度 第37回日本カナダ学会年次研究大会 報告申込書 

(すべての項目に記載願います)               年  月  日記入

報告者氏名

Name

(日本語)

(In English or French)

E-mail


所属

Institutional Affiliation

(日本語)

(In English or French)

連絡先

Correspondence

Address

(〒    -    )



TEL:       FAX:

報告題名

Paper Title

(日本語)



(In English or French)



希望するセッション



報告の概要(日本語300~600字程度でまとめて下さい)

企画委員会:     年  月  日 受付

関連記事

フォトギャラリー

ロイヤルオンタリオ博物館

ロイヤルオンタリオ博物館

ピックアップ

2019.11.11

日本カナダ学会規約の改正について

roy essays Essay title Dulce Instant CV Online Help. Get a Job of Your Dream Today, cake in essay smoking glasses College Paper Writing Service
2019年9月7日に開催された日本カナダ学会総会において、本学会の基本規定である「規約」が改正されました。今回の改正では、長期間にわた…

ページ上部へ戻る