HOME▶研究大会▶第38回年次研究大会 2013年度▶2013年度年次研究大会 Call for Papers 締切迫る(2013年2月末)

2013年度年次研究大会 Call for Papers 締切迫る(2013年2月末)

会員の皆さまには、策2012年12月に事務局より郵送でご連絡しておりますが、2013年9月に開催される第38回年次研究大会の報告募集締切が近づいておりますので、再度お知らせ致します。

◆JACS年次研究大会報告の公募(Call for Papers)

 第38回日本カナダ学会年次研究大会は、下記の概要で実施されます。

場 所:
 神田外語大学(千葉県千葉市美浜区1-4-1)
日 程:
 2013年9月 のいずれかの土曜・日曜の2日間(具体的な日程は、開催校の都合により、2013年3月後半に決定)

セッション4区分概要:
(1) 「自由論題」
(2)「総選挙と現代カナダ政治―連邦、アルバータ州、ケベック州の事例から見えてくるもの―」
(3) 「教育関連」
(4)「文学または文化関連」

 ついては、年次研究大会での報告ご希望の会員は、下記の要領を踏まえてご応募いただきますよう、ここにご案内申しあげます。

 記

1.報告題目(和文・欧文<英語又は仏語>の2言語で)*仮題でも
2.氏名(和文・欧文<英語又は仏語>の2言語で)
3.所属(和文・欧文<英語又は仏語>の2言語で)
4.要旨(和文のみ300字以内)
5.希望セッション名
*上記(2)の場合、連邦、アルバータ、ケベックのどれか一つを選択して結構です。
6.公募締め切り:2013年 2月末(必着) 
7.送付先:企画委員長 竹中豊(takenaka@caritas.ac.jp

報告者の決定は、企画委員会で協議・検討のうえ、2013年3月末日までに委員長から連絡致します。なお、各セッションの題目は上記(1)(2)を除き、暫定的ですので、報告希望者の内容を見て調整の予定でおります。ご質問があれば竹中までどうぞ。
竹中 豊(年次研究大会企画委員長/ カリタス女子短期大学)

関連記事

フォトギャラリー

ロイヤルオンタリオ博物館

ロイヤルオンタリオ博物館

ピックアップ

2016.12.3

オーストラリア及びニュージーランド・カナダ学会からのご案内

オーストラリア及びニュージーランド・カナダ学会(ACSANZ)から、研究大会の連絡が届いております。詳細につきましては、下記からACS…

ページ上部へ戻る